DHCで販売されているバレリアンですが、健康な方以外は利用しない方が良いです。

その理由について紹介していきます。

 

DHCバレリアン

 

 

DHCのバレリアンの効果

DHCのバレリアンは、パッケージにもイメージがかかれているように、「ゆったりとしたリラックスサポート」が期待できます。

健康食品のため、ハッキリとした効果については書かれていません。

しかし、バレリアンの副作用について調べてみると、逆にどのような効果があるのか?が分かります。

 

バレリアンとは

バレリアンは日本では医薬品として認証されていませんが、海外では不眠症や精神不安のための成分として採用されているようです。

 

バレリアンの副作用

DHCではバレリアンの副作用について詳しく書かれていませんが、ウィキペディアを見る限りではバレリアンは副作用がいろいろとあるようです。

そのため、DHCのバレリアンは1日の目安量以上の過剰摂取について注意をしています。

また、バレリアンの副作用の関係から妊婦や授乳中の方は利用をおすすめしません。

バレリアンの副作用として眠気を誘うという情報もあるため、利用する場合、寝る前に利用しましょう。

 

健康な方以外にはおすすめしない理由

バレリアンの副作用について調べてみると、眠気を誘う、肝障害、習慣性などがあるようです。

バレリアンは肝臓で分解される成分のため肝機能不全の方は利用できません。

また、バレリアンは流産の可能性もあるようなので、妊娠を考えている方、妊婦の方などは利用しない方が良いでしょう。

以上のように、バレリアンは様々な副作用があるようなので、規定量を守る、健康な方だけが利用しましょう。