日中眠いと感じながら仕事をしている方も多いようですが、日中眠いと感じる方が取るべきサプリを紹介します。

ちなみに管理人も睡眠の質が良くなかったため、日中眠くて仕事に集中できないことが多々ありました・・・。

 

日中に起こる眠気の原因

まず、日中に起こる眠気の原因について考えてみました。

一番考えられる要因として、多くの方が良く眠れていない、睡眠時間が足りていないなど、根本的に睡眠が足りていない場合があります。

また、睡眠時間だけではなく、睡眠の質も低下している可能性もあります。

しっかり寝たはずなのに疲れが取れていない、まだ眠いなどは睡眠の質が悪い可能性があります。

そこで、睡眠の質を図る方法を紹介します。

 

睡眠の質をはかる方法

現在では、このような睡眠の質が計測できるパッチが販売されています。

このようなパッチを使ってみると、自分がどれだけ良い睡眠ができているのか?を知る目安になります。

このパッチを利用すると、睡眠時間と手汗の量から、睡眠の質が計測できます。

自分がしっかり睡眠できているのか知りたい方は試してみることをおすすめします。

 

実際に計測してみました⇒睡眠の質を計測できるパッチ体験記事

 

 

快眠できない理由

睡眠の質が良くないと感じる方で、コーヒーが好きだったり、寝酒をする方はいませんか?

管理人の場合にはコーヒーが好きなため、以前は夜でも平気でコーヒーを飲んでいました。

しかし、コーヒーはカフェインが入っているため、寝ても睡眠の質が悪く、翌朝疲れが残っていたり、日中眠くなるなどの睡眠障害のような状況にありました。

また、寝酒は寝付きが良いと思われていますが、実は睡眠の質は低下しており、深い睡眠ができない状況で朝を迎えてしまいます。

そうなると疲れが取れず翌日まで疲れが残ったり、すっきりできない状況で翌日も仕事をしなければならない悪循環に陥ります。

ですので、コーヒーやお酒に心あたりがある方は注意しましょう。

 

アミノ酸不足かも?

快眠サプリをいろいろと試していて分かったことですが、多くの快眠サプリにはアミノ酸成分が含まれています。

アミノ酸はタンパク質に含まれていますが、偏った食事などでタンパク質が不足しているかもしれません。

毎日の食事を振り返ってみてタンパク質が摂取できる肉、魚、豆類などが不足していると気づいた方はアミノ酸不足かもしれません。

 

日中眠い時の対策

サプリメントを摂取しても即効性はないので、まずは日中の眠気対策をしましょう。

日中の眠気対策として一番有効なのは仮眠です。

仮眠は10分程度眠るだけでも日中の眠気が違います。

昼休みの食後に仮眠をとるだけで、午後からの眠気対策もできます。

また、仮眠する時間がない方は、目を瞑るだけでも効果があるといわれています。

人間は視覚を中心に物事をとらえているため、気づかないうちに脳は視覚に多くの労力を使っています。

ですから、10秒でも30秒でも目を瞑るだけでも脳の疲労を回復できます。

その他に手軽にできる眠気対策として、コーヒーを飲む、メガシャキのような栄養剤に頼る方法など一般的な対策になります。

 

快眠するためのサプリ選び

日中眠いということは、病気でない限り睡眠サイクル、もしくは睡眠の質が悪いためです。

ですので、睡眠の質を改善できるサプリを利用してみてはいかがでしょうか?

快眠サプリには普段取れない栄養素を手軽に摂取するためのサプリです。

睡眠薬には副作用がありますが、快眠サプリの場合、アレルギーがない方なら安全に利用できます。

また、快眠サプリの多くは植物由来なので安心して利用できます。

まずはお試し購入できる快眠サプリなどを利用して、日中の眠気対策をしてみてはいかがでしょうか?

 

悩み別おすすめ快眠サプリ

快眠するために現状の悩み別におすすめのサプリをまとめてみました。

商品名 リンク おすすめポイント
ネムリス

植物由来成分の安心の快眠サプリメント
ぐっすりずむ

スッキリとした目覚め、疲労回復におすすめ
北の大地の夢しずく

覚醒して眠れない方におすすめ
潤睡ハーブ

栄養不足と寝つきの悪い方におすすめ