快眠サプリメントが危険だと思っている方もいるようですが、一般的に知られている企業が販売している快眠サプリメントは安心してよいと思います。

快眠サプリの危険性について紹介していきたいと思います。

 

サプリメントは健康食品

快眠サプリが安全な理由として、快眠サプリメントは医薬品ではなく、健康食品です。

つまり、眠りを促進する効果ではなく、睡眠に関係した成分を配合している食品という事です。

たとえば、ライオンの販売している快眠サプリメントは酵母を配合しています。

酵母といえば、皆さんご存知お酒をイメージされるように、飲んでも問題のない成分です。

また、DHCの提供する快眠サプリメントグースカは、沖縄で有名なクワンソウというハーブや母乳の成分に着目してサプリメントを製造しています。

さらに、機能性表示食品として販売されているテアニンはアミノ酸の一つです。

アミノ酸はお肉などのタンパク質などから摂取できます。

つまり、快眠サプリメントは睡眠薬ではなく、いかにリラックスして眠りにつくことができるのか?眠りの質をよくすることを考えて作られたものが快眠サプリメントです。

もしこれから快眠サプリメントを購入する方は、まず成分を見て何を中心に作られている快眠サプリメントなのか?を注意して購入することをお勧めします。

 

注意事項はしっかり読むこと

快眠サプリが危険性が少ないからと安心するのではなく、サプリメントに書かれている注意事項はしっかり読みましょう。

また、食物アレルギーがあるかたや、妊産婦など通院している方は特に注意が必要です。

もちろん通院中の方、医師から処方された薬を服用している方はかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

サプリメントだからと安易に利用せず、不安な場合には医師に相談をしましょう。

 

睡眠薬も危険性は少なくなっている

睡眠薬と言えば、昔の方は癖になって飲み続けなければいけないと考えている方が多いですが、現在処方されている睡眠薬は睡眠に関係した一部の成分を摂取することにより昔の様な慢性に睡眠薬が必要になるといった症状は無くなっているようです。

しかし、睡眠薬には眠りにつきやすくなる成分が入ってるため、就寝直前に飲むことが推奨されています。

言い過ぎかもしれませんが、布団に入る直前に睡眠薬を飲むくらいの感覚でも良いそうです。

睡眠薬が必要な方は専門の病院を受診してみましょう。

 

>症状別おすすめの快眠サプリ