疲れていても寝つきが悪い方が飲みたいサプリの選び方について紹介します。

 

寝つきが悪い原因は?

まず、寝つきが悪い原因を探りましょう。

そこで、寝つきが悪い要因をピックアップしてみました。

 

昼寝はしていませんか?

昼寝をしていると体内時計が狂ってしまい、副交感神経が機能していない可能性があります。

昼寝も長い時間とるのではなく、10分程度の短時間だけにしましょう。

 

コーヒーは何時に飲みましたか?

コーヒーにはカフェインが入っています。

カフェインが抜けるまで4時間から8時間と人によって異なりますが、カフェインが抜けないことで寝つきが悪い可能性があります。

コーヒーが好きな方は、最後にコーヒーを飲んだ時間を考えてみましょう。

 

身体動かしていますか?

極端に運動不足の場合、身体がつかれていないため、寝つきが悪い場合があります。

散歩程度でもいいので軽い運動をしてから就寝すると寝つきが良くなります。

 

寝つきが悪くてもやってはいけない事

寝つきが悪いからと言っても、やってはいけないことがあります。

それは寝酒です。

寝酒はすぐに眠れると考えている方も多いようですが、寝酒をしても睡眠の質が悪く疲れが抜けにくくなるため、快眠できていません。

また、寝酒に慣れてしまうと慢性の睡眠不足になる可能性もあるので注意しましょう。

 

寝つきが悪い時のサプリメント選び

寝つきが悪い時のサプリメントですが、睡眠に関するサプリメントはさまざまなメーカーから販売されています。

そのため、どれを選んでいいものか悩んでしまいます・・・。

そこで、管理人の場合の寝つきが悪い時に飲みたいサプリメント選びを紹介します。

 

リラックス成分に注目!

まず、快眠サプリの成分には、入眠のためのリラックス成分が配合されています。

リラックス成分は副交感神経を刺激して入眠しやすくしてくれるための成分です。

 

入眠のためのリラックス成分

快眠サプリに配合されている入眠のための成分は、リラックスができる成分が必要です。

そこで、快眠サプリに配合されているリラックス成分をピックアップしてみました。

 

リラックス成分一覧

  • ラフマ
  • ギャバ
  • テアニン
  • クワンソウ
  • カモミール
  • ラクティウム

成分がそれぞれ違いますが、快眠サプリには1つ、もしくは複数の成分が配合されています。

 

特許取得のラフマ配合サプリ

リラックス成分のラフマの特許を取得しているサプリがネムリスです。

ネムリスは睡眠の権威、 筑波大学の裏出教授が監修して行った臨床試験で、睡眠時のストレスが減少したという結果を公表しています。

 

お試しパッケージあり⇒夜ぐっすり、目覚めスッキリ!!|ネムリス-nemlis



 

特許取得のラクティウム配合サプリ

安心成分のラクティウムの特許を取得しているサプリがグッドナイト27000です。

グッドナイト27000はラクティウム以外にも、成分の配合量を重視した快眠サプリです。

 

成分重視の方におすすめ⇒休息サポートサプリ「グッドナイト27000」



 

機能性表示食品のテアニン

テアニンに特許を取得しているサプリはありませんが、機能性表示食品のテアニン配合サプリはあります。

機能性表示食品とは、 事業者の責任で科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして消費者庁に届け出られた食品のことです。

ですので、テアニンが快眠に効果が期待できるなどといった機能面を表示できるサプリメントです。

 

機能性表示食品のぐっすりずむ⇒ぐっすりずむで目覚めすっきり。L-テアニン配合の【機能性表示食品】