快眠といっても、なかなか本当に快眠しているのか?計測する方法はスマホアプリなどがありますが、本当に信頼できるのか?も不明です・・・。

そこで、ネットで調べてみると安眠チェッカーという商品があることを知りました。

楽天やAmazonでも販売している商品だったので、早速購入してみました!

 

安眠チェッカー

安眠チェッカーは睡眠時の発汗から睡眠の状態を計測できるパッチです。

3枚入りと7枚入りが販売されています。

 

安眠チェッカーを購入してみました

安眠チェッカーパッケージ

管理人は楽天で購入しましたが、二日くらいでメール便で到着しました。

安眠チェッカー説明書

安眠チェッカーを使ったことがない方が多いと思うので、同封されている説明書をよく読みましょう。

と言っても、使い方は安眠チェッカーを手のひらに貼るだけです。

あとは、説明書にある判定例を参考に、自分がどれだけ快眠できているのか?を知ることができます。

 

安眠チェッカーの使い方

安眠チェッカー1回分

こちらが安眠チェッカーの1回分です。

安眠チェッカー裏側

裏側が絆創膏のようにはがせるので、シールをはがしたら手のひらに貼るだけです。

安眠チェッカー貼る部分

安眠チェッカーの裏側はこんな感じです。

シールタイプで、発汗を吸収する素材が付けられています。

安眠チェッカーを貼った状態

安眠チェッカーを就寝直前に貼り、就寝時間を記録しましょう!

安眠チェッカー計測結果

起床したら安眠チェッカーを手のひらから剥がし、判定基準で自分がどれだけ安眠できているのか?調べてみましょう。

 

安眠チェッカー計測方法

安眠チェッカーの判定方法

安眠チェッカーの説明書に判定方法が書かれているので、そちらを参考に計算します。

 

今回、管理人は就寝から起床までの時間が5時間。

発汗量が4.5でした。

 

安眠チェッカー計測例

ですので、目盛りの上が睡眠時間となりますが、睡眠時間の目盛りは正直関係ありません。

重要なのは下の目盛りで、どれだけ発汗したのか?です。

今回の計測では4.5メモリとなっています。

 

安眠度計算式

安眠度の計算式は・・・

発汗メモリ÷睡眠時間

ですので、今回の管理人のデータで計算すると・・・

4.5÷5=0.9

この0.9が計測結果ですので・・・・

 

安眠チェッカー計算方法

 

説明書の右下にある睡眠の度合いで比較すると、安眠できていますに含まれます。

ということで、今回の睡眠は5時間と身近い睡眠時間でしたが、安眠できている状況だったということが分かります。

 

安眠チェッカー使い方まとめ

  1. 安眠チェッカーを手のひらに貼る
  2. 睡眠開始時間を記録
  3. 睡眠・・・・
  4. 起床したら安眠チェッカーを剥がす
  5. 起床時間を記録
  6. 発汗量÷睡眠時間=安眠数値
  7. 説明書の安眠度表と比較
  8. 自分の安眠度が分かる!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

安眠チェッカー 3枚入
価格:540円(税込、送料別) (2018/3/14時点)